越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

ショッピングサイト入門 日本以外の物をASEANへ

英語あり:ラザーダの操作方法ページ

ラザーダでの販売者ページ操作方法について、「ラザーダ大学」とした動画を集めたページがあります。

日本語はありませんが、各国語版で英語があります。言語変更はこの画面のフッター側にあります。なぜもっとわかりやすいところに置かないのか。

英語にすればラザーダタイランドのサイトでも英語で閲覧・動画視聴が出来ます。

操作方法はどの国のラザーダ共通でしょうから、一度勉強すれば他国展開も可能です。

上部に「始める」「製品登録をする」「出荷について」などのアイコンがあります。全部のビデオを見てはいませんが、

ざっと内容をみて赤線で囲った項目は全部のビデオを見たほうがいいものと思いました。

 

日本語はありませんが、英語なら誰か出来る人がいる、ビデオを止めて何度も聞けばなんとなくわかる人、と言うのがいるでしょうからタイ語より有用な可能性は高いですね。

と言っても、英語より現地語のほうが得意、現地スタッフに勉強させたい、などもあるでしょうから下記各国語でラザーダ大学のページを乗せておきます。

各国でアイコン数が違いますが、上記の赤枠はどの国も共通しています。アイコン数の違いはデータ分析に関する指導や現地スタッフのコメントビデオなどがないという違い程度です。

タイ
https://www.lazada.com/sellercenter/th/university/tutorials/?setLanguage=th

ベトナム
https://www.lazada.com/sellercenter/vn/university/tutorials/?setLanguage=vn

インドネシア
https://www.lazada.com/sellercenter/id/university/tutorials/?setLanguage=id

マレーシア
https://www.lazada.com/sellercenter/my/university/tutorials/?setLanguage=my

シンガポール
https://www.lazada.com/sellercenter/sg/university/tutorials/?setLanguage=sg

フィリピン
https://www.lazada.com/sellercenter/ph/university/tutorials/?setLanguage=ph

 

次回はそれぞれのアイコンの中の解説を書きます。

 

 

 

-ショッピングサイト入門, 日本以外の物をASEANへ