越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

非日系模様いろいろ

2017/02/23

非日系の協業先と会話する中でどうしても「やっぱり非日系だなあ」、と日系的には苦笑いする部分があります。

1. 一旦購買したらあとはウチがどうしようと自由だろ
生産者の思いやコア思想、日本での経験で避けるべき道、などの事例があがっているのに「買った後になぜ生産者がいろいろ言うのか」との突っぱねがあります。
職人魂だったり劣化類似品との差、こういう事は問題になるから避けてほしいを語るにつけて「そんなことは言いから価格出せ」の一点張りだったりすると、生産者でなくてもうーん思いや強みをきちんと理解してほしいと思っちゃいますね。

2. 沢山販売チャンネルを持てばいいだろ
協業先が高付加価値ではなく薄利多売の傾向があるとこういう発言が出ますね。複数になると取り扱う人の商品に対する理解にも幅が出ますし、差が出さないようにするには頻繁な教育が必要。最大の効果を発揮するためにきちんとした説明をして正しく使ってもらうには、というちょっとだけ先のこともあまり想定せず「手数料販売でとにかく大人数にものを持たせ数を流す」。これだと誤解や間違った使い方などが発生することも。昨今のSNS社会では誤解や流言に対し中々信用回復が難しいことを考えたほうがいい、と言っても「500人の販売員が毎日1個ずつ売ればいくら」とそこに集中。

3. 販売者が生産者に勝手に連絡を取る
「生産者から直接仕入れたらもっと安い、1-2回は仲介してもらったけどその後は通さず」と言うのは日本でもあるかもしれませんね。非日系でもそれを非常に嫌い、生産者情報はすべて伏せる、生産者とエンドユーザーの会議を持たない、などが対策です。日系だと生産者とエンドユーザーの会議は必須、会ったところで「今後の付き合いもあるので」と仲介もそれなりの収入があるような価格設定は了承済みとする場合が多いのですが、非日系だと「とにかく今目の前の価格を安くしたい」で突っ走ることがあります。それで契約出来ても、将来別の案件が出た時に困るのでないか、と言っても「それはその時に考える」の刹那的発言。

 

こういう場面に遭遇すると危機管理としてどうなのか、人間関係としてどうなのか、と問いかけています。返答は「そんなの興味ない」ではありますが、一昔前と違い多くの情報が手に入りそして発信できる今、やろうと思えばポジティブにもネガティブにも出来ますし作用もします。昔のように金を出さないのが勝ちであり価値である、と言うのはどんどん通用しなくなってきていると思います。また、ネガティブな事件が発生した時に最後の防波堤になるのが人間関係だったりする点も以前に増してもっと意味を持つようになってきています。

非日系だから付き合わない、という日系企業も多い中、非日系にも是非危機管理と人間関係維持あれかし~。

-未分類

WhatsApp chat