越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 WP/SRV/PS/AI/IT ショッピングサイト入門 ルールやレギュレーション 仕事について思う事

刷新に伴ういろいろ変更

URLを刷新したのを機に、2017/11よりほぼ半年、あれこれで「うむ、不都合だ」と思ったところの刷新もしています。

1. グーグルアナリティクスの統一
1つのアカウントで複数管理できると知らなかったため、AHC+従来業務も含めて計7つのアカウントを開けて閉めて、とやってるだけでも時間の無駄でした。

1つのアカウントにまとめ、週毎自動送信レポートも1つのアカウントに集中送付としました。

2. 各連絡先のメール量軽減
1.で各言語に設定してある各メールアドレスに送るようにしていたため、サイトからの接触を見逃していたり、従来業務のあれこれの間に入って来て見ずに終わったりしていました。

1つのアカウントにまとめることで、「〇曜日の午前中はアナリティクスのための時間帯」ときちんと時間を取るようにします。また、「後で見ればいいレポート」に紛れた「重要なメール」を見落とすこともなくなります。

3. グーグル関係の連絡先の統一化
グーグルの無料サービス専用gmailなんてのを作り、アドワース、アナリティクス、Youtube、ほか全部を集中。

4. メール管理の一元化
近い将来、各国にSNS他現地窓口を持つと考え、アイコン/SNS/メールアドレス は各国語分用意していますが、マーこれも日本式に必ず@ahcswiss.global でなくgmailでイイかな、と考え切り替えて今までのメールアドレスの整理。

唯一、中国大陸はgmailではなく中華アドレスですが、世界は日本ほどフリーメールがダメとは気にしていないと割り切って手間のかからないようにします。

5. 支払いスキーム完全自動化
全言語 Omise および Paypal のみでの受付。注文時に支払いを完了させることで入金確認作業およびスイス側への連絡不要(受注や発送完了はサイト内のWoocommerceで操作)

「タイ人はカードではなく銀行振り込みか代金引換がほとんど」とは知っていますが、それは2010年代半ばの話であり、後数年して今の日本のように何でもオンラインショッピングで購入、という社会になると、日本と同じようにカード払いがメインになってくるでしょう。

そもそも、その「カードでなく」というのも、銀行のセキュリティーが脆弱だろう、という数十年前からの思い込みが元の話ですが、スマホ世代はもうそういうことよりも手軽さが最優先。

銀行振り込みもいちいち銀行に行かずスマホで送金してそのスクリーンショットを送ってくるなど、これも手間。

代引きは「自分、または自分がいなくてもだれか、受け取る人がいる前提」というサービスのため、日本と同じように生涯独身率が増加しているタイでは今後すたれて来るでしょう。

現在に標準を合わせず、近い将来こうなるだろう+手間をかけずに回転することを標準に設定し、どうしてもそれではだめなのなら各ローカル対応をまた外注、という方向で考えたいところです。

コンビニ払いはタイのコンビニ業界ガリバーである7-11を有するCPグループとの折り合いがつけば後のローソンだのファミマだのは右に倣えでしょう。

折り合いとは手数料のことです。7-11ではタイで最大手携帯電話会社の使用料金や前払いカードなどが購入できません。これもほぼ両社が希望する手数料の乖離が理由と考えていいでしょう。

また、現在FDA取得に動いており、取得できればラザーダへのフルフィルメントへ出品可能 となるため、代引きだの銀行振り込みがいいという人はそこから購入してもらえばいい、という考え方も出来ます。

ただしその場合はラザーダへのあれこれ手数料がかかるため、サイトより若干価格が上がりますが仕方ないですね。

FDAが取得できるまで、SNSの外注業者を使ってしっかりとブランディングをしておきたいです。

6. フォローアップスキーム完全自動化
Mail Chimp の無料ステップメール機能を使用、フォローアップ、定期接触メール、全部自動化。日本人的には「出す毎に季節のご挨拶みたいなの入れなきゃ」と思いがちですが、

日本以外は「説明が多すぎてわかりません」というほうがメジャーだと心得え、3パターン*4回使い回し、時好の挨拶は特にしない、ぐらいの気軽さで設定します。

 

まだまだいろいろあります!

まずは無料サンプルを試したい、と言う方に

効き目があったら製品購入!

 

-SNSほか拡散手段, WP/SRV/PS/AI/IT, ショッピングサイト入門, ルールやレギュレーション, 仕事について思う事
-, ,