越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

ショッピングサイト入門 ルールやレギュレーション 仕事について思う事 日本以外のものを世界中へ 日本以外の物を中国本土へ

中国とインドへ、タイから追跡郵便でサンプル送付してみた結果

スイスから無料サンプルが届かない、と中国およびインドから連絡がありました。

インドは4月下旬、中国は5月半ばの申し込みです。

おお、実は私も送付先がなかったのでスイスからの到着実験が出来てなかったのよー。その二つさえクリアしたらあとの国はどちらかに合わせて置けば事足りるでしょう、ということで5/11にタイから国際書留で送付してみました。

5/20頃にタイ郵便のトラッキングを確認した時、行程中の状況は確認できないのか「情報がありません」とでやがる始末。うおい、購入者としたらめちゃ不安やん、と思ったものの、これが精いっぱいの現状。お待ちくださいとしか言いようがありません。

本日確認したら

中国--5/18に到着、上海市内向け

インド--5/28に到着、インド北部でニューデリーより東200kmの地方都市

 

うーん、かかりますねえ。特にインド。タイから出して17日ということは、スイスからなら20-25日ぐらいかかるってことかい。

まあそれも、トラッキングつければ、DHLのような詳細な現在地は確認できなくとも、到着確認は出来ることがわかってよかったです。

また、思わず実験相手になってしまったインド人と中国人のお申込者に感謝ですね。

しかし、こういう日数を見ると、添乗員時代に「スイスの郵便は世界一の迅速さです。トップオブヨーロップ(ヨーロッパ最高峰の山)の郵便局から日本に郵便を出すと、5日から1週間で到着します」と説明していましたし、

実際その速さで到着していました。当時はスペインやイタリアからは3週間ぐらいかかっていた中で、断トツに早かったし、それも今でもかわらないのでしょうが、

送り先が日本じゃないため時間も書留代かかりますねえ。

 

 

ワキガを中国ではキツネのにおいと言うそうですが、インドではどう呼んでいるんですかね。

中国人もインド人も足のにおいでお困りらしい。

 

 

 

 

 

 

-ショッピングサイト入門, ルールやレギュレーション, 仕事について思う事, 日本以外のものを世界中へ, 日本以外の物を中国本土へ
-, , , , , , , , , , , , , ,