越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

仕事について思う事 若い時にやっておけばよかったけど

せっかくわき毛から自由になったのに今度は汗とにおいに悩まされている!

今日は09月からの広告開始に向けて英語版のコラムの準備をしています。

物凄く英語が得意と言うわけではもちろんなく、かといって公式文書でもないので、下手なりにでもとにかく書くこと、とにかく発露すること、を気軽に考えて書いています。

そのうちの一つ、日英で書いていて我ながら笑えたのがこの文言。

せっかくわき毛から自由になったのに今度は汗とにおいに悩まされている!

これは脇の脱毛処理後に脇汗が増えて困っている、という声を一言にしたものです。

わき毛から自由って、、、笑えますよね?

でもこれって結構切実なんです。

実は私も15年以上前のタイに来た直後に処置しています。当時はレーザーではなく、根毛一つ一つに鍼を指して電気で根毛を焼き切る、と言うものでした。

痛いんですよねー。針を刺すのはいたくないのですが、電気が通る時にばち、ばち、と。一本一本の処置に対していちいちうぅっと唸ってました。

脇の生えているところをそうやって処置していくと、わき毛が自己存在の危機を感じるのか?明らかに二の腕ダロっていう変なところから毛が生えたり。

2-3日はシャワー後に消毒液で消毒、ばい菌が入らないようにジェルとか塗ってました。

一度抜くと6週間ぐらい待っていました。わき毛を育てて再度処理。この新しく出てきた毛は、抜かれてしまった毛の栄養分が廻って来たのか、髪の毛並の太さと艶がありました。

半年ほど6週間おきにいくともうほぼ出てこなくなるので「あとは出てきたら来てください」とお告げをされました。

その後ちょっとでも生えてきたらすぐ訪問。自分で抜くと「あ、相手にしてもらえてる!」とわき毛が喜ぶ?のか、どんどん生えて来るのはそれまでの経験で知っていたので、すぐに焼き切ってもらっていました。

脇と同時にすねの毛/ふくらはぎの毛も処理しました。

すね毛は10年ほどかみそりで剃っていたらそのうち髪の毛並に黒く長く力強く生えるようになり、剃り忘れるとイエティの脚のようになってました。

すね毛で特に痛かった箇所は膝のところとすねの骨に近い所。ばちっばちっというよりビシッビシッという感じで、処理班のおばちゃんたちも「痛いけど我慢してねー」と言っていました。

価格は15年前当時で両脇3万バーツ、両ひざ下前面背面で5万バーツ。=合計8バーツ≒25万円ほどをムダ毛に捧げているわけです。

ちなみに15年前当時は大学新卒英語不可OLさんの初任給が8,000-9,000バーツの時代。この人たちの1年分の給与をムダ毛に奉納しました。

で、その後はというと。

一切生えてきません。

BTSなんかでつり革につかまるような時も「あ、処理してない、、、」と考える事もなく脇全開。

すねの毛の処理がしていないのでスカートをはかない、と言うこともなし。

楽です。

物凄く楽です。

気にしない。これほど人間が自由になれることはないのでないか、と思うほどムダ毛処理による「気にしなくていい自由」は大きかったですね。

なのに「せっかくわき毛から自由になったのに今度は汗とにおいに悩まされている!」という方の悩みというか、

「せっかく自由になったのにまた囚われることが出てきた!」という嫌な感じ、

よくわかります。

と、私のわき毛遍歴披露(?)になってしまいましたが、わき毛に悩まされ、脱毛すれば汗に悩まされているという方、ぜひAHCを使ってみてください。

汗腺を引き締め汗の排出量を激減させます。お肌に優しいスイスハーブ入り。

汗以外にも脇はいろいろなにおいが発生。加齢臭や原因不明の体臭対策にお勧めです。

Bromexは詰替え用もあり。ご主人の加齢臭対策他ご家族で共用していただけます。

 

 

-仕事について思う事, 若い時にやっておけばよかったけど
-, , , , , , , , ,