越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

コンセプトは「緩く優しく、鋭く正しく」です

2017/02/23

コンセプト。ビジネスでも日々の生活でも必ず必要なものです。

今までを振り返ると、意気込み過ぎて続かなかった、厳しすぎて嫌になった、なんてことが多いかな、と思いました。

このブログは会社の業務を紹介するでなく、私生活をぶちまけるものでなく、感情のままに吐露するものでなく、ある意味盲目の思い込みを世に問う出なく。

どのようなブログにするか、何を柱とするのか。

いろいろ考え、まず私にとっての大事なことは「緩さ」と思いました。
気負わない、気張らない、~しようと自分に無理強いしない。これは「自分は不本意のまま、誰かの意見を正しいものとして自分が背負いそれを実現しようと自分に無理強いしない」という事でしょうか。
一見「自由になりたい」と訴えているように見えますが、自由とはその自由を維持するためにまたルールが必要、というのが人間ですので、私は敢えて自由でなく緩さを意識したいと思います。

「優しさ」は単なる優柔不断や遠慮をベースに何も言わないことではない、きちんと伝える、ただし相手が聞く耳を持つ優しさを持ってね、という事ですね。
やさしさでもう一つ、私は不満があると口を閉じ耳を閉じるタイプです。大声を上げたり暴れたりするよりもたちの悪い、必死に訴える相手の存在を認めず黙殺、というもっとも優しくない態度が非常に多いのです。こんな点を見つけて改善していきたいですね。

「鋭さ」は一見この二つと相反するように見えますが、緩さと優しさの中で本質を突くこと、と捉えています。緊張の中で行われる厳しい鋭さというのは相手も自分もますます硬直させるもの、ゆえに緩さと優しさの中にあるべき事ですね。

最後の「正しく」はすべてのために行われるべきことですが、これが中々出来ないことです。正しくないことをすれば自分の気持ちが重い、行動や発言にも曇りや緊張が出てしまい良いものが生まれない。こんな事態を避けるため、常に「正しく」を目指したい、そうありたい、という事です。「正しい」ではなく「正しく」なのは、正しいを求めながら中々出来ていない自分に「正しくあれかし」という願いを込めています。

ブログについては緩くが身上なので毎日必ず更新という事はたぶんしないでしょう。優しくといいながら毒舌になることも多いでしょう。鋭くとか言いながら全くもってダメダメの時もあるし、正しくといいつつ間違っていることばかりでしょう。

それでいいのでは?と思えたからこそブログ開始になりました。ちょっとは成長したのかな。

 

-未分類