越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

日本以外のものをタイへ

ラザーダ:FBLを協業で実行してみる、ユーザー追加

めでたくFDAが取得できた、となるとスイス直送以外の販路の設定です。

「最低限以上人を雇わない、規模拡大を目的としない」と言うのが弊社のポリシーなので、20世紀型の大型小売店に営業に行って並べてもらって、などはほとんど考えておらず

場所代不要の販売だと基本的には通販。

何もしない時間が出る人を雇わない、ということでラザーダの梱包発送サービス・FBL を使用。

かといって、スイスから製品が到着した際にFDAの許認可シールを貼ったりFBLへの入庫があったり、と場所と人手が必要な工程があるのも事実。

そこでFDA取得代行・輸入代行業者さん にその工程をお願いすることにしました。

種々ミーティングする中で「とりあえず、協業者もラザーダ入れるようにしましょう」ということで、ラザーダのユーザー追加をしてみました。

1. まず通常通りログインし、アカウントの横の下矢印にカーソルを合わせると、ユーザー管理、と出てきますのでポチ。

 

2. ユーザー追加をぽち。

ここではユーザーのメールアドレスを追記するかしょがあります。そのメールアドレスに承認URLが飛び、ぽちるとユーザーとして画面に入れるようになります。

3. どんな作業をお任せする人なのか、が選べます。APIとかはたぶん外部システムとをつなげる人用なので関係なし、カタログにアクセスする人、はその名の通り陳列商品をいじる人、なんでしょうね。

そうすると、オーダーアクセス、ストックアップデートあたりが該当しそうです。

4. 気になるのは「オーダーアクセス」と「ストックアップデート」をしてもらいたいのですが、職位は2つ選べませんでした。とりあえず「オーダーアクセス」としておき、後日ミーティングの時にコンピューター画面で確認しながら必要な職位に変更、としました。

 

-日本以外のものをタイへ

WhatsApp chat