越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

スチーマー

2017/02/23

20代に添乗員としてヨーロッパへ頻繁に渡航していた時、早くから対策が必要と実感していたのは乾燥でした。その後タイへ移住することになり、肌へのダメージの一般的なイメージは日焼けですが、本丸はここでもやはり乾燥でした。

両者は内容は異なります。
ヨーロッパは空気が乾燥しており肌の水分が蒸発してしまう物。薄い皮にたっぷりの水分が入っていて、直射日光に当たらなくても水分が蒸発してしぼんで深いシワが出来る、干しぶどうのような乾燥です。
タイでは湿気が高く気温も高いため、いわゆる蒸し焼き状態です。水分はその熱で蒸発してしまいます。深いしわというよりは筋肉に沿ってそれぞれの部位に起こる細かいシワ、たるみ、水分不足による脂の過剰供給によるテカリ、が発生します。

添乗員の頃から顔の乾燥対策はしていたのですが、首の手入れを怠っていた事+エコノミー席での無理な姿勢による長時間フライトで首には太い横しわが2本ガッツリ入っていました。タイに来てから10年間は「安くてもいい、とにかく化粧水を惜しまずたっぷりふんだんに何度も塗り重ねる」という感じで忍んでいました。

40代になって出合ったビューティー機器で超お気に入りなのがこれ、パナソニックのスチーマー。

写真はこちらからお借りしました

アジアで大体的に販売開始となった時、編集長としてメーカーさんからサンプル機をお借りして1週間使ってみました。熱いスチームが出てくるのですが、脳に近いところをケアするからなのか、重い気分やストレスが一気に解消でき、熱いにも関わらず使った後は爽快感さえありました。そしてたった1週間の使用でしたが肌のコンディションは飛躍的に向上。

すぐ買いました!そして購入後4年たちますが今でも毎日愛用しています。顔はもちろん、つやがなかったり枝毛や切れ毛が目立つとみすぼらしくなる髪の毛の手入れにも使っています。

顔は朝と夜の一日二回、顔、首、デコルテに蒸気を当て終了後クリームを塗るだけ。クリームはスーパーマーケットで買うレベルの極々廉価大衆向け消費財ですが特段トラブルもありません。

髪は洗髪後にタオルドライして左3つ、前髪1つ、右3つのブロックに分けそれぞれ30秒ぐらいずつ蒸気にあて、最後は全体に。元々乾燥質で切れ毛や枝毛が多かったのですが、スチームをするようになって水分を内含するようになったのか、こちらもトラブル皆無です。

と、消費者体験談になってしまいましたが(笑)、40代のアンチエイジングの一つの参考になれば幸いです。

 

-未分類