越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

日本以外のものを世界中へ 日本以外の物をASEANへ 越境ECでのSNS活用

ディントーク:ラザーダのクロスボーダー販売者は加入必須らしい

ラザーダの販売網に製品を載せるクロスボーダーセラーになるのは招待制とのこと。

招待していいかどうかを判断するのはグループチャットに入らなければならない?とからしくてそれにはいるのに

「このチャットアプリをダウンロードしてください」

うわあ、来たよ。中国製のアプリをコンピューターや携帯に入れると途端に変な音がしたり重くて動かなかったりでイヤなんだよねー。

どうせ似たり寄ったりなんだからWechatとかにしとけよ。と思いつつも、ダウンロードしてアカウント作らないと入れないのでしぶしぶどころか強制されている気持ちです。

とりあえずダウンロードから

なるべく携帯だけにしたい、と思って最初携帯からアプローチ。

が、申し込みがうまくいかず。sign-upしたのに「そのメールアドレスは存在しません」と出てきます。

マア中華アプリですわ、という感想。

仕方ない、コンピューターから申し込んで携帯から操作すりゃいいか、、とイヤイヤ携帯から離れてコンピューターへ。

申し込むのは簡単

英語画面にしてsign-upをぽち。

まずは中華アプリに必須の携帯電話番号。これはタイの物でもいけました。

SMSでの承認番号送りがあるため、固定電話は不可。ガラケーはたぶんOKです。

画像認証があり、SMSで送られて来たコードを入力します。

 

住所などを聞かれます。この後は分かりませんが、ASEAN在住者以外とかかもしれないのでとりあえずスイスのズーリックにしておきました。

日本なら日本でよいでしょうね。

あなたの業種は?をクリックすると、、、出たよー、ドメアプリ(はい、ディスってます)。

私はそれっぽく読めるので選べましたが、読めない人はどうするんだというところが中華アプリです。(ディスってます)

その後はメールアドレス、コードは自分の好きなものを記入します。

後半へ続く

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクには2019年01月に入荷予定です。

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

 

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

ラザーダ

 

自社サイト

クリックすると店舗画面へ直接ジャンプします

 

 

 

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

メールはここをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

-日本以外のものを世界中へ, 日本以外の物をASEANへ, 越境ECでのSNS活用
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat