越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

ショッピングサイト入門 ルールやレギュレーション 仕事について思う事 日本以外のものをタイへ 日本以外のものを世界中へ 日本以外の物をASEANへ

Shopat24:CPグループ運営、7-11で支払と荷受ができるオンラインショッピング

タイのオンラインショッピングは2018年11月現在でラザーダ一強、Shopee頑張ってる、ほか群雄割拠、という状況です。

AHCは一般的な制汗剤に比べて高価ではありますが、「どのサイトを使うのか、どのサイトが好みなのか」は人それぞれ。

Shopeeなどは若い子向けではありますが、若い子には若い子なりの汗とにおいのお悩みがあり、こういう年代の子の方がお金払いは良かったりするため、

「ラザーダだけで」というのは危険な思想。

それ以前に「とにかく受注間口を広げる」と言うことは大切ですね。

ググるとShop24.Comなんていう新興サイトを発見しました。

全国ネットで代引き可のサイト

このサイトはCPグループが運営しているようで、「全国のお客様にお店に物を取りに来てお金を払ってもらえます。受け渡しおよび回収が確実です。」というのがウリのようです。

ここでも見るのは納入者になる、というところです。あ、これですね。

 

見てみると、「このサイトはCP ALLの管理下にあり」とあります。CP ALLとはタイの7-11の運営者ですね。

 

 

CPとCP ALLはマアざっくり言ってCP=食品素材生産(農家)+食品加工兼卸業者(CPの食品工場)、そこから製品を仕入れて販売しているのがCP ALLです。

いい製品をお持ちの方は連絡ください、とあります。お、ここが私の興味のあるところですね。

まだメールで受け付けできるぐらいの数しか製品がないのかもしれないですね。

 

上記をコピペして早速メール。

来週ぐらいに返事があると思います。

続きは後日。

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクには2019年01月に入荷予定です。

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

 

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

ラザーダ

 

自社サイト

クリックすると店舗画面へ直接ジャンプします

 

 

 

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

メールはここをクリック

 

 

 

 

-ショッピングサイト入門, ルールやレギュレーション, 仕事について思う事, 日本以外のものをタイへ, 日本以外のものを世界中へ, 日本以外の物をASEANへ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat