越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 ショッピングサイト入門 越境ECでの回収方法

Shopee:配送/納品伝票印刷ボタンが、、、ない?

AHCのディストリビューターをしてくださっている

 

 

 

さんと、ラザーダに関する操作練習と出荷実務シュミレーションは検証しており、出荷実務もほぼ問題なく実行できるようになっていました。

Shopeeほか後発はまあラザーダのシステムを踏襲(はっきり言ってコピー)してるダロ、と気を抜いて検証していませんでしたが、

どーやらこれは違うらしい、ということで慌てた顛末を今後の反省として記録しておきます。

発送先や納品伝票の印刷不要?

Shopeeで受注しましたー、という連絡が夕刻17:00過ぎに来ました。あ、そういえばShopeeは登録できるメールアドレスが1つなので

COMOさんには自動に情報行かないやん。

すぐ電話してログイン情報送り同じ画面を見ながら作業確認となりました。

ラザーダならここは「発送伝票と納品書を送る」というボタンがあり、ぽちると自動生成されたpdfが出て来るので印刷して荷物に貼る、という分かりやすい工程です。

が、しかしその手のボタンがない。。。

COMOさんと電話して唸りながらながら「出荷」を意味するShipを押すと書類出て来る?とかいいながらしShipを押してみた。

スクリーンショットは撮り損ねてしまいましたが、「shipped」になってしまい、え、出荷済みになっちゃった、

え、伝票は???と混乱しつつ落ち着いてセールスページに戻ると「伝票を印刷」みたいなボタンがある。

えー、なんでこんなわかりにくいところにあるのよ!

オーダーと一緒のページに置いといてよ!

と大慌て。

とりあえずそこをぽちると「書類をダウンロードする」とあるため、うおお、印刷せずに出荷したことになっちゃってるじゃないかー!

住所は手元にあるとしても、代引きの場合は伝票がないと運送会社がいくら回収するのか分からないし、運送会社のトラッキングも通らないだろうが―!

など大慌てをし。

協議の結果COMOさんが朝一で対応してくれることになりました。「問題があればメールなりします」とのこと。

種々対応してくださりありがたいことです。

なんと伝票は印刷不要とな

日中特にメールもなかったのでたぶん問題ないだろう、と思いつつ夕刻近場でミーティングをし経過を聞きました。

なんと、

「送付先は印刷してもいいし住所を手書きしてもいい」、「今回の場合はクレジットカードでお支払いいただいているので伝票無くても回収は問題ない」

「運送会社のトラッキングを通す必要もない」「相手が荷物を受け取ったぽちをしたら精算できます」

との回答だったらしい。

えー、ラザーダと真逆の、どちらかと言うと日本に近い思想で作ったシステムじゃないか!とかなりビックリ。

とりあえず、お客さんにはこのドタバタ顛末を知られず問題なく出荷処理できたので良かったです。

 

今日の省みと次への考査

2つあります。

1. シュミレーションを怠った自分が悪い
このドタバタの原因は「どうせ市場のガリバー(ラザーダ)のコピーでしょ」とナメてかかってシュミレーションを怠ったことです。

ラザーダとShopeeは今後アセアンのクロスボーダーを考えるときちんと対応すべきなのに。

これを反省して2018/12/17にCOMOさんにてweloveshoppingの操作および発注シュミレーションをすることにしました。

2. 自分で出荷済みに出来る
これも日本と近いですね。しかし難点は「購入者が”受け取り完了”というボタンを押さないと精算されません」という点です。

これは発送者にとってはもしかしたら結構なリスクかも。だって自分でオンラインで買い物して物が届いたらそのあとに

「評価してください」とかくるメールにポチったり返信したりすることはない事を考えると、到着しているのに精算されないという事態も起きて来るのではないか。

この点はラザーダと違い自分でチャットを通して直接購入者に接触、「ぽちってください」連絡するシステムになっています。

ぽちるまで追いかけまわす、ということですね。。購入者はもらったらぽちするという性善説にて作ってあるわけか。

うむー、相手がShopeeのアプリをダウンロードしていなかったり、2度とShopeeを訪問しないのならどうしたらいいのか。。。

とか考えましたが、それはそうなった時にその事態に対処することでわかることであり、今の時点では答えは出ません。

マアでもポジティブ面としては、Shopeeなら日本から出荷での出店が出来ることですね。ただし精算には現地の銀行口座が必要なので、やはり現地代行会社は必要となります。

出荷は出来るけど輸送費はどうするのか、というのも課題ですね。輸送費を払っても購入したいものなのかどうか。

Weloveshoppingのハンドリングについては検証後アップします。

 

 

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクには2019年01月に入荷予定です。

 

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

 

自社サイト

クリックすると店舗画面へ直接ジャンプします

 

 

 

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

メールはここをクリック

 

 

 

-SNSほか拡散手段, ショッピングサイト入門, 越境ECでの回収方法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat