越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

日本以外の物を中国本土へ 越境ECでの回収方法

アマゾン:中国アマゾンを見てみた

簡体字への翻訳 から断続的にお世話になっている 和文(上海)翻译有限公司 さんより中国のamazonや通販についての情報をいただいていました。

1年ぐらい前までは中国のアマゾンは50万円ぐらい預り金が必要だーから始まり法規制だのいろいろうーんでしたが

12月に入ってから「他国でアカウントがあれば中国に出せる模様」とのこと、まずは中国アマゾンへ行ってみました。

中国人がどうやって中国国外に出すか、が中心

まずは毎度のごとく工程を。まずはトップページ。

下に行くとグローバルストア、とあります。うむ、これだね。ぽち。

うーん、北米、英国、日本、オーストラリアに店を出す、というのもので中国国内向けではなさそう。

なんだよー、と思いつつもうちょっと見てみるとグローバルロジスティック、とある。ラザーダのFBLみたいなものかもしれない ので念の為目を通す。

中国らしく法人のみの登録です。とりあえず登録してみる。

うむ、これだとさっきの出店可能国名よりも多いんですけど?あ、この国で登録している人は中国に送れます、っていうことかな?

そうすると、やっぱり中国国内向けに出店できるということなのか?

タイがないのでとりあえず適当に日本国内住所で登録してみる。

そして会社登記簿はタイの物を提出。さあどういう返事が返ってくることやら。

受け付けましたメッセージは出てきました。

うーんどうなることやら。返事はマア正月明けに出たらいい方?

今日の省みと次への考査

中国人が海外へ販売、が中心ぽいような、他の国から中国市場に物が出せるような?その割には海外出店者にはわかりにくい構成じゃない?とか思うのですが、

国によって需要が違うためデザインも変えているのかな、とも思いました。

圧倒的に「販売したい人が多い」という前提の作りですね。

とりあえずまだまだ勉強必要です。

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクには2019年01月に入荷予定です。

 

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

 

自社サイト

クリックすると店舗画面へ直接ジャンプします

 

 

 

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

メールはここをクリック

 

 

 

-日本以外の物を中国本土へ, 越境ECでの回収方法
-, , , , , , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat