越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

仕事について思う事 日本以外のものをタイへ

タラート.com:楽天も見放したドメサイト

日本では2大ECサイトの一端と言われている楽天さん。2-3年の活動期間を経て2016年03月にアセアンから撤退。

その際、他の国はサイト閉鎖となりました。タイはもともと地場でマーケットプレイスをしていたサイトを使っていたため

そのサイトは今でも活動しています。

楽天撤退時の理由としてタイについては「地場サイトとして評価しパートナーとして提携した。

しかし度重なるプログラマーの交代により全体の構造を知る人がおらず、システムが切り貼りの連続で不具合が多く、望んだ成長に到達できず、、」などでした。

そんなサイト見る価値あるのか、、ではありますが、記録として掲載しておきます。

いきなり画像が反映されない

画像、間違いではありません。御年6年目のご老体VAIOの読み込みスピードのせいでもありません。

トップ画像が出てこないとは。マーこれで「ここは出さなくていいかな」決定。

記録および今後の参考のためにもう少し画像載せておきます。

文字の箇所は出ました。「オンラインショップを開く」をぽち。

17年もやってるのか。2000年ぐらいからだとするとインターネット黎明期からやってるのね。

先見の明はあるのかもしれませんが、技術がねえ。

何を取り扱いますが、の幅が広い。不動産とかジュエリーとか。日本のメルカリともまた違う感じですね。

どんなサービスがあるのかは触れておくべきなので登録はしてみました。

 

今日の省みと次への考査

しかし全くメルマガとかE-レターとか来ません。タイ人はそういうのを見ないので地場系であれば当たり前の態度でしょうけど、

ラザーダ他が頻繁にメールアドレスにあれこれ送って来るのと比較すると放置な感じは否めませんね。

楽天さん、損切りして撤退してよかったかもね。

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクには2019年01月に入荷予定です。

 

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

 

自社サイト

クリックすると店舗画面へ直接ジャンプします

 

 

 

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

メールはここをクリック

 

 

 

-仕事について思う事, 日本以外のものをタイへ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat