越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

タイ料理、を考える

2017/02/23

「美味しいものは健康に悪い」、「まずいものを食べて健康だ長寿だというより、美味しいものを沢山食べてばたっと逝きたい」。40代半ばになってもまだこんなことを言って粋がってます。

ここ5-6年はアンチエイジングへの追求も高くなりやっと多少は「美味しくて健康美容に効くものある」へ関心が向くようになりました。

私は元々嫌いなもの食材はほとんどなく、体質上食べられないものも皆無、とかなり雑食でタイ料理も好きです。これをいかに健康的に食べるか?を最近考えます。タイ料理というともちろんタイ人が誰よりもよく食べているのですが、ではタイ人はタイ料理を食べて健康なのか、といいますと、タイ人の慢性疾患の統計を取ると1位が消化器官、2位が排泄器官となっています。

マア人間食べるもので出来ているため、このあたりが悪いのはどの国も一緒だとは思いますが、タイの場合は元々食材が傷みやすい気候であり、保存したり少々傷んだ食材を誤魔化して?食べるためにハーブを始めとする消臭や味付けの技法がありました。

それが発展して調理するうえで味付けに砂糖、チリ、酢、ナンプラー(塩気)を混ぜ合わせて使うようになりこれが「複雑で奥行きのある味付け」と言われていますが、なんことはない、実は食材がうにゃうにゃうにゃ、、、(自主規制)といったわけです。冷蔵冷凍設備の行き届いた現代でも「お腹痛いです」「トイレから出てこれません」なんてセリフをしょっちゅう聞きますのでやはり食材がうにゃうにゃうにゃ、、、(自主規制)っていうことはまだまだあるのでしょうね。

タイ人は「甘い、辛い、酸っぱい、しょっぱい、人生と同じ味わいがタイ料理にある」と言いますが、よく見るといいことは25%か。それでいいのかタイ人。

そしてその4つ+ちゃちゃちゃーと炒めたり揚げたりする油が糖尿病を始めとする成人病、慢性疾患を呼ぶようです。

慢性疾患だけでなく突発性なんとかを引き起こすこともよくあります。多いのが心不全。別にタイ料理は関係ないかもしれませんが、「急逝した」なんて話を日本よりもよく聞くためひょっとしたら調理法や調味料というのが遠因なのかなあ、と思ったりもします。

そんな中、タイ人は日本の長寿にあこがれて「タイ料理は健康に良くない、日本人が長生きなのは和食だから、和食は長寿いい」と和食を食べ始めた経緯がありそうです。

うーん、思えば自分の国の料理が健康に良くない、というのはどういう気分ですかね。もしかしたら私が粋がって言っていることは自覚のない和食の恩恵を受けているからこそ言えることなのかもしれませんね。

そんなこんなですが、タイ料理も一辺倒でない紹介をしていきたいと思います。

 

 

-未分類