越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

越境ECでのSNS活用

タイ語:タイ文字のデザインの難しさ

自分一人では安定した定期的な広告出稿が性格上難しいため、輸入代行他タイ国内でのEC関連実務のほとんどをお任せしている

 

 

 

に日英泰のFB広告出稿もお願いすることになり絶賛LP作成中ですが、ここでお悩みが。

どーも絵面が単調です

作画や配置のセンスもさることながら、どーも絵面が単調。。。

PSは何とか扱えても、AIはまるで分からないのでどうしようもないなー。。。とため息をつきそうになりながらそこはググる。

結果、フォントを変えたらどうか、にやっと行きつきました。

基礎が足らない、勉強が足らないというのは本当に時間の無駄かつ労力が必要な割にいいものが出来ないですね。。。

フォントをいくつかダウンロードし取り替えを検討してみました。

が、結局今日は取りやめ。それよりも早く内容確認して出稿。。。という気持ちです。

今日の省みと次への考査

綺麗にかっこよく作らないと、というのは分かる一方、タイ人にとってのネットの窓口はスマホであり、画面は極限られた場。

日本人程字を読んで理解したいというのとは真逆の国民性。

フォントは同じとしても強調したいところは色や大きさ、吹き出しや絵で誘導。

とにかく小さい画面、5.5インチなら6cm*5cm程度の範疇で訴えたい字が読めればよし、としました。

フォントの作業で思い知らされたのは、タイ語ってのは文字が縦に長く書く、表音文字なので一言書くのに長いスペースが必要、など英語や日本語とは違った苦労があります。

日本語は縦書き横書きななめ書きはもちろん他のトリッキーな作業もかなり自由度が高いなあ、と改めて思いました。

デザイン自体はなかなか素敵なものも多いので、自由に取り扱えたらきっと楽しいんだろうなあ、と思います。

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,200バーツで店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

自社サイト

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

-越境ECでのSNS活用

WhatsApp chat