越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 仕事について思う事 日本の物をASEANへ 日本の物をタイへ 日本以外のものをタイへ 日本以外の物をASEANへ 若い時にやっておけばよかったけど 越境ECでのSNS活用

タイ語:タイ文字のデザインの難しさ、フォント差し替えの巻

音楽や絵画と言った芸術を創作する基礎のない私ですが、AHC事業に関してはそれ以外にも私自身が初めてのことばかりです。

私自身は「自分でできないことは無理して時間をかけて結果センスの良くない物が出て来ると言うのを避けたい」としているため、自分でできないことはプロにお願いしたいのですが、

人に頼むとしても「発注者責任としてこれを言わなければならない」が何かわからない、ということが非常に多く、注文が中途半端になることばかり。

発注主がしっかり注文しないので当然の結果として、「思っていたものと違う」「ここをこうもうちょっと、、」と言うことにもなり反省。

「出来ないからと簡単な作業も依頼して人の手を煩わせてはならない」ということで最近では切り抜いて並べるぐらいは何とかしなければ、、、と自分でやってみたところ。

うーん、このべっちょり感。躍動感ゼロ。タイの田舎の食堂の看板(分かる人のみの表現ですみません)並みのただ書きました感。

あれこれ右往左往して調べたりググったりしたところ、前回は「フォントを変えればいいのか」まで行き、しかしまずは出稿を優先として作業。

日本語英語の出稿が完了し、タイ語に着手というところでフォントのインストールをしました。

フォントのインストール

でどころ

まずフォントをどこから探したかというとこちらから。

https://www.f0nt.com/

タイの官公庁で使われている最もベーシックなもの、おしゃれカフェで使う上品な感じ、ストリート系のスピード感と躍動感あふれるもの、いろいろあります。

インストール

まずはダウンロードしてzipファイルを解凍。

フォルダの中のフォントを右クリック

暫く待つとフォトショップほか使いたいアプリのフォントリストに反映されます。

デザインリスト

そこでハタと気が付いたのが、「どのフォントがどういうデザインか忘れそう」。分かっていないので実にありがち、と言うこともありますし、

日本語主体の生活の中でタイ語のフォントの名前とデザインを一致させるというのも至難の業なのでリストにしました。

フォント名と適当な私の所感です。

今日の省みと次への考査

これでまずはタイ語の画像からフォントの差し替えをしていき、出来たものから順次出稿ですね。

アラフィフになっても本当に毎日勉強です。

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,200バーツで店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

自社サイト

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

-SNSほか拡散手段, 仕事について思う事, 日本の物をASEANへ, 日本の物をタイへ, 日本以外のものをタイへ, 日本以外の物をASEANへ, 若い時にやっておけばよかったけど, 越境ECでのSNS活用
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat