越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

仕事について思う事

タイ語:言語によって配置変更

2019/06/06

いろいろデータから特定部位に絞った画像必要、ということで作業していました。

タイ語の監修は製品の様々な特徴をよくご存じのCOMOさん

にお願いしました。COMO様、お忙しい中こまごま案件まで対応頂きありがとうございます。

言語によって配置アレンジ

言語によってキャッチや製品名など、結構配置換えしました。

日本語は安定的な感じですね。フォントを変える、大きさを変える、を学んだので使ってみました。

こちらはタイ語。緑が「制汗剤」、水色が「顔に使える」です。

製品名が日本と違って2行になっています。製品名も小さめ。「どういうものか=制汗剤」「どういうお悩みが解消できるのか=顔」と言うことを強調しています。

タイ語の特徴は「輸入物=高品質」という文化を利用してスイス製、だけで高品質という記載がない点ですね。

高品質製品という言葉がすごく長くて入れるとゴチャゴチャになるので、というのも理由の一つです。

英語はまずモデルさんをいかにもアジア人ではなく、にしましたが。。。アジア風味の白人さん?都会の富裕層の中国人風?なにじんなんですかね。

英語で検索してもなかなかツボな画像が出てきません。やっぱり日本は経済規模が大きく、それに伴って製品が細分化専門化、こういう商材の範疇も非常に広く細かいシチュエーションに対応しているのだなあ、改めて思いました。

こちらは製品名をどどーん、そしてまるでスイス中華思想のようなこの配置。スイスを強調することで高品質を連想してもらえればなあ、という思いよりこうなりました。

高品質制汗剤が High Quality antiperspirant と日本語より長く、3行になっちゃうと厚ぼったすぎる、というのもスイス中華思想配置の理由です。

今日の省みと次への考査

言語によって長さが違う、強調する点が違う、などはもちろん、あとは適宜なバランスなど。切って並べるぐらいしかできないのでとてもデザインまで行っていませんが、

最近は作業にも慣れが出てきてちょっとスピードアップ出来ているのがうれしいです。.

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,200バーツで店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

自社サイト

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

-仕事について思う事
-, , , , , , , , , , ,

WhatsApp chat