越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 仕事について思う事 越境ECでのSNS活用

タイ:サンプル配布の対応案

タイだけではないと思いますが、「無料試供品進呈」を申し込んでその後何も買わない人たち、いますよね。

業者からしたら、連絡先が入手出来てその後は広告費をかけずにアピールできる、それも大きい情報かとは思います。

でも出来れば「もらったら買えよー」と言いたいのが本音ですね。

この点について

さんに指導してもらいました。COMOさん、いつもありがとうございます。

始まり

タイにおいて、
--1. 無料でアピールできる場
--2. メルマガは読まない文化
--3. Facebookの保有率が高い
となると、FBのフォロワーを増やす、というのが大事になってきます。

もちろんここで「無料配布!」もいいのですが、日本の様なフルセットや「ただでもらったからもうこれでイイや」と思うほど豪華なものはあげる必要は無く、

サンプル3袋を有料で販売しているのに無料で1袋出すのなら、何かしらのこちらに取って有利な情報を入手する必要があるだろう。

SNSが好きな国民性、こちら側でIDほか本人確認が出来ること、重複申し込みを避けることが出来る、などを省みて

FacebookやLINE ID と引き換えに1つだけあげる、などにしたほうがよい、とのこと。

うむ、なるほど。このあたりはうっかり「日本だとー」とはせず、マーケットによる柔軟性大事ですね。

 

今日の省みと次への考査

現在準備中ですが、07月から「100名限定」などで一度上記手法で対応してみようと思います。

これが有効なら今後どうするべきか。詳細な費用計算をしつついろいろ考えたいと思います。

こんな時にAHC

バンコクではスクンビット地区の薬局でも店頭販売しています。

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、スソガなど あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,200バーツで店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク

ブレズ薬局

フジスーパー4号店

プロンポン

スクンビットソイ24、エンポリアム隣・ターミナルビル2階。1階に知多ラーメンの入っているビルです

スクンビットソイ49

 

サミティベート・スクンビット病院向かい

49ドラッグストア

 

オンラインショッピング

自社サイト

タイ国内オンラインショッピングサイト各種

各国語サイト

日本語:https://www.ahcswiss.global/jp/

英語:https://www.ahcswiss.global/en

簡体字:https://www.ahcswiss.global/cn

繁体字:https://www.ahcswiss.global/tr

タイ語:https://www.ahcswiss.global/

お気軽にお問い合わせください

Add Friend

-SNSほか拡散手段, 仕事について思う事, 越境ECでのSNS活用
-, , , , , , , , , ,

WhatsApp chat