越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

日本以外のものをタイへ

SNS:閲覧者に徹してみる

受信者側として投稿を見る

FBとインスタが世の中の主たるSNSでありますが、アラフィフで非デジタルネイティブだと「投稿内容を作るが精一杯」な状況。

投稿したらもう「一仕事終えた感」があり、見直しやメッセージをもらっても返せてなかったりもします。ご無礼しております。

ビジネスでは広告設置などで使っていますが、これで物凄く反響を集めてどうのこうのまではいっていない=見る、投稿する、うまく活用する、とSNSのステップに3段階あるとすれば

なんとか第二段階まではいっているかな、ではありますが活用にはまだほど遠いような。

オマケに私の性格(サイレントクレーマー気質)上、今で言うコミュ障というか、自分の身の回りのことを投稿するには躊躇があったり、心配を想定しすぎて何もできないなどで投稿が滞ったり。

名刺代わりにFBのID交換などをするために公開に設定している個人FBにログインすると全く知らない人からのメッセージや電話が激しかったりします。

そんなこともありFBメッセンジャーは基本的には触らないようにしています。LINEはアプリ自体を入れていません。

そんなこんなでどーも後ろ向き、消費者目線での活用からほど遠い状況でした。

ビジネスのFBは「このビジネスは継続していますよ」と言うがため、の血流的週に2回程度の投稿が必要ですが、根性なしの自分じゃ到底続かないのでディストリビューターでもあるCOMOさん

にお任せしちゃって自分はたまに確認するのみという状況。

ある日「実際自分でやってみないと何が良くてみんながSNSやっているのか分からんじゃないか」、と突然覚醒

でも今ある個人アカウントだとまーた知らない人から電話だメッセージだが来て、無視するのも悪いような、かといって相手にするとこちらが不快なことになるのは目に見えているし、、、ということで

今までとは別途のフォロー専用のFBとインスタアカウントを作って閲覧者に徹してみました。今日までで1か月ぐらいでしょうかね。

FBとインスタの違いを体感

受信専用で閲覧のみの練習(こんなに事にも練習が必要な非デジタルネイティブのアラフィフ)なので、この別途アカウントは実在する個人等とのつながりは一切していません。

いくつかやっていくうちに「こういう使い方なら自分に合っている」と言うものが見えてきました。現状はこういうすみわけをしています。

インスタ--ファッション、トラベル、宝飾品、グルメ、など目で見て楽しむもの、コメントは短め、ハシュタグは結構入る、ハシュタグのばら撒き目的っぽい投稿もそこそこある。

FB--ほぼニュースサイト、字で読むものなど。URLの貼り付けが出来るのでHPへ飛ばすことが主目的。ハシュタグばら撒きの目的も多い。

 

日本ではFBの使用者は減少気味でインスタが増えている、と聞いています。ひとえに今まで言われていた「日本人は字を読む書くという行為が好き」という度合いが落ちてきているのでしょうね。

私自身も閲覧者としてはインスタのほうが楽で楽しい、という印象です。マア、インスタはトラベルや宝飾品、FBは事件事故を見ることが多いので当たり前ですね。

実際自分で閲覧者になってみるとさあどうするべきか、というのを再度考えるきっかけになりました。

AHCの投稿はどうする

インスタは多くが動画などを駆使していますが、動画を取るネタや編集技術がない。うーんと考え、手元にあるお客様コメントをインスタにあげ、「お客様コメント欄」とするかな、と思いました。

FBはショップ機能もあるし、日本以外ではHPのお客様コメントよりもFBでのコメントや投稿多数がチェックされるようなので血流的投稿は継続、と。

本日時点ではこの方向としました。

今日の省みと次への考査

SNSによって誰もが低額で広告を打てるようにはなりましたが、実際広告を作るには演者(人、製品など)、撮影者、編集者、管理者(予算やスケジュールなど)、実務者(投稿して結果分析し次回の提案をする人)など多くの人が必要になります。

これを自分一人でとは到底無理。と言えども予算も人的制限もあるため、最小限の出費でどううまう行っていくか、を考えるが本当に大変です。

自動投稿出来るソフトなどをうまく使って「投稿し忘れててうっかり血流止めちゃった」なんてことがないようにしていきたいなと思います。

 

全身に使えるAHC Sensitive

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,500バーツで店頭販売しています。

困る手汗、いやな足のにおいに 手足専用 AHC Forte

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,800バーツで店頭販売しています。

ワキガ、加齢臭、他あらゆる体臭にBromex Foamer

バンコクではスクンビット地区の薬局にて1,200バーツで店頭販売しています。

お手頃価格のお試しセット

バンコクではスクンビット地区の薬局にて150バーツで店頭販売しています。

AHCのお求めはこちらから

お店で買いたい
オンラインショップ
Lazada Thailand

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク店

フジスーパー4号店

ソイ39店

お問い合わせ

-日本以外のものをタイへ
-, , , , , , , , , ,

WhatsApp chat