越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 ショッピングサイト入門 越境ECでの回収方法

為替:人民元変動で表示変えの手間発生。。。

ふと人民元での支払い価格を確認したら

AHC簡体字版については

1. Omiseというタイ拠点の決済代行会社のプラグインを導入、

2. これによりAlipay(支付宝)で気軽に払える

3. ただし決済通貨はタイバーツとなる、支払額は決済時の1,500バーツに対する人民元時価が適用されるため、バーツで設定した額から損をすることはない。

ため、人民元ではどれぐらいか、という目安というか価格感を表示しておく必要があるだろ、とこんな表記にしていました。

ここは別に書いても書かなくてもいい箇所です。単なる自分のカスタマーサービス魂から書いていました。

個人的にこの箇所は
1. 基軸通貨である米ドルは書く。為替変動しても変更不要。
2. 基軸通貨かつ自分の喫水線かつ在外邦人のために日本円は書く。為替変動しても変更不要。
3. 地場通貨ではあるが活動拠点での通貨であるタイバーツは書く。為替変動しても変更不要。
としていました。

人民元については精算システム上、表記があったほうが親切かなあ、という程度でした。

本日手直しで作業していたところ、ふと「そーいや1,500バーツ=300人民元になっているけど、今もこれ有効なわけないよね?」と思って通貨コンバーターで本日のレートを確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

って、ちょっと、現状300人民元だと1200バーツ相当になって300バーツも上がってる?!

マア米中関税問題が発生して15%程度の人民元下落とその他いろいろを合わせるとそれぐらいの振り幅出るかも。

Omiseのプラグインは購入者決済は人民元、販売者への決済はバーツ、1500バーツで設定したら1500バーツ=当日レートですが、

目安表示に300人民元と書いておいて支払の段になって350人民元、ってなったらよろしくないだろ。。。

しかし人民元はこの数か月でドルで物凄い振り幅を見せてくれてアメリカのさじ加減でどうにでも虚弱化する不安定通貨とわかって。。。

それでも人民元精算を導入する必要があるのか?あるんですよね。。。

なのでまたしても手数ですが、ページ毎に親切心で書いていた価格は削除して(40か所ほど。。。)、1か所の訂正で済むオンラインショップにて人民元参考価格をレートに合わせて訂正する、ってことにします。

今日の省みと次への考査

良いか悪いかはわかりませんが、親切心が仇になった、みたいな気持ちではある。

これは教訓でもありますね。「人数は多いけど対米ドルで地場通貨の振れ幅が大きい」という場合の対応の仕方。

マア思えば米ドル、日本円、タイバーツ以外は全部この対応が必要になるので今日分かってよかったかも。とりあえず作業開始、マーたぶん数時間もかからないでしょう。

汗とにおいが気になるあらゆる箇所に

汗とにおいが気になるあらゆる箇所に

タイ・バンコクでは1500バーツにて日系薬局にて店頭販売中。

オンラインでは4700円にて世界中へ発送。

困る手汗、いやな足のにおいに

手足専用強力タイプ

タイ・バンコクでは1800バーツにて日系薬局等で店頭販売。

オンラインでは6000円にて世界中へ発送。

ワキガ加齢臭他、あらゆる体臭に

ワキガや加齢臭などあらゆる体臭に

タイ・バンコクでは1200バーツにて日系薬局等で店頭販売。

オンラインショップでは3800円にて世界中へ発送。

お手頃価格のお試しセット

お手頃価格のお試しセット

タイ・バンコクでは150バーツにて日系薬局等で店頭販売。

オンラインショップでは500円にて世界中へ発送。

AHCのお求めはこちらから

お店で買いたい
オンラインショップ
Lazada Thailand

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク店

フジスーパー4号店

ソイ39店

お問い合わせ

-SNSほか拡散手段, ショッピングサイト入門, 越境ECでの回収方法
-, , , , , , , , ,

WhatsApp chat