越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 越境ECでのSNS活用

FB:言語によって反応が違うクリエイティブ

2019/11/07

このページは随時更新します

このページは2019/10末に公開しました。AHCは3製品を複数国向けに販売する活動であり、国ごとに記事を作成すると情報の一元化が出来ず比較作業が面倒と唸ることが予想されます。

従いまして、クリエイティブに対する反応はすべてこの記事に集約、言語や国ごとに好みが違うという点を表現したいと思います。

 

言語によって同じ画像でも反応が違う

ABテストと言う便利な広告の出稿方法があり、現在活用中。これは「どの画像とどの文言の組み合わせが一番いいか」を計測するものです。

細かい数値は伏せますが、ざっくり下記となりました。記事の前に出て来る単語の簡単なおさらい。

インプレッション:露出合計数、一人に対して複数露出している場合もあり。一人に対し3回露出した場合は3となる。

リーチ:何人に届いたか、という数値。1人で3回露出した場合は1となる。

Sensitiveのクリエイティブ

クリエイティブA

 

 

 

 

クリエイティブB

 

 

 

 

日本語

どちらもインプレッションおよびリーチはほぼ同数、クリック数もほぼ同数。つまり、どちらが優れているかとはここからは判断できず、「どちらも良いとされた」としたところでしょうか。

タイ向け英語
Bが少ないインプレッション、少ないリーチにも関わらずAより多い。成績としては倍程度違うという快挙。うむ、なるほど。

タイ語
Bは40%ほど露出が少ないにもかかわらず、クリック率はほぼ同じ%。つまり、Bのほうが注目度が高い、ということでしょうね。タイ語はBにて。

シンガポール簡体字
シンガポールでの簡体字使用者母体数は多くないのかとグーグル広告の統計で思ったのですが、FBではタイ語と同じ広告予算でお同じぐらいのリーチとインプレッションがありました。
これについては「ググる(文字を書く)については英語が楽、読むのは中国語でも可で表意文字なのでむしろ中国語のほうが短く簡単に内容が理解できる」なのかなあ、と。
結果としてはクリエイティブB圧勝。リーチはAの40%程度、インプレッションに至っては1/3にもかかわらずクリック数が上。

タイ簡体字
とりあえず計測はしておかないと、ということでこのくくりもしてみました。母体が大きくはないのですが、Aが少ないインプレッション、リーチは誤差程度の差でクリックは多め、とAだろうね、という反応。今はマア忘れないでね広告提示っていうところでしょうね。

 

 

Forteのクリエイティブ

クリエイティブA

 

 

 

 

クリエイティブB

 

 

 

 

日本語

クリック率はほぼ同数。クリエイティブAのほうがリーチに対する率としてはやや優勢、インプレッションに対する率ではAが大きく優勢、ということで日本語ForteはAで。

英語

クリエイティブAのほうがクリック率は30%多い、リーチに対してはクリエイティブBのほうがやや優勢、インプレッションに対してはクリエイティブBはAより大幅に高い。うーん判断微妙。

タイ語
クリエイティブBは露出が多いにかかわらずクリック率がAより低い。タイ語はAにて。

シンガポール英語
クリエイティブAが露出差10%未満にも関わらず20%ほどクリック率が高い結果に。シンガポールもAでよいでしょうね。

 

 

Bromexのクリエイティブ

クリエイティブA

 

 

 

 

クリエイティブB

 

 

 

 

日本語
インプレッションやリーチでの%からクリエイティブBが圧勝。ほぼ倍の高い確率でクリックされました。ということで、Bromex日本語はクリエイティブBにて。

英語
こちらはAB共にインプレッション、リーチ、クリック数すべてほぼ同数。どちらも好まれていると言えるでしょう。

タイ語
AはBより40%露出が少ないのに、クリックは多いという快挙。Aの圧勝です。

今日の省みと次への考査

とりあえず、日本語Sensitiveと英語Forteは2枚のクリエイティブでテストではない広告を出してさらに検証、

日本語Forte、英語Sensitiveは結果の出たもので出稿としました。

タイ語は現在製品到着待ちなのでまだ出稿していません。マアでも、広告出していきなり売れるものでもないので、ABテストしてみつつ荷物待ちをします。

2019/11/04追記
シンガポールについては「FBは中国語の市場もそこそこあるだろう、グーグルは英語で」でよさそう、といったところですかね。こういう、「物の読み書きが1つの言語で完結できる」と言う状況にない国では国民の使う言葉がどうも中途半端になりがち。私が良く書く「英単語を使って中国語文法でまくし立てて来る、英語でない何か」になってしまうんでしょうね。

汗とにおいが気になるあらゆる箇所に

汗とにおいが気になるあらゆる箇所に

タイ・バンコクでは1500バーツにて日系薬局にて店頭販売中。

オンラインでは4700円にて世界中へ発送。

困る手汗、いやな足のにおいに

手足専用強力タイプ

タイ・バンコクでは1800バーツにて日系薬局等で店頭販売。

オンラインでは6000円にて世界中へ発送。

ワキガ加齢臭他、あらゆる体臭に

ワキガや加齢臭などあらゆる体臭に

タイ・バンコクでは1200バーツにて日系薬局等で店頭販売。

オンラインショップでは3800円にて世界中へ発送。

お手頃価格のお試しセット

お手頃価格のお試しセット

タイ・バンコクでは150バーツにて日系薬局等で店頭販売。

オンラインショップでは500円にて世界中へ発送。

AHCのお求めはこちらから

お店で買いたい
オンラインショップ
Lazada Thailand

バンコク市内店頭販売箇所

アソーク店

フジスーパー4号店

ソイ39店

お問い合わせ

-SNSほか拡散手段, 越境ECでのSNS活用
-, , , ,

WhatsApp chat