越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

美顔器

2017/02/23

常夏のスキンケア、外に出る時は日焼け止めにサングラスとつばの大きい帽子で直射日光に当たらないよう対策。マアこれは全くの炎天下で長時間日光に晒される、という状況じゃない限りこれ以上神経質になるものでもないでしょう。常夏では実は日焼けよりも乾燥対策が非常に重要です。

乾燥問題は2種類あり「日陰の下の外気に当たるところ」と「建物の中の強烈なクーラーの中」です。

日陰といっても高い湿度と照り付ける日光の高気温の元ではまるでスチームオーブンの中にいるのと同じ。家電メーカーさんの謳い文句である「外はパリッと中はふんわり」をまさに体現。湿度の少ないヨーロッパの年配者の肌に比べてシワシワで萎んでる感がないのはこのふんわり効果(?)なのでしょうね。

建物の中は「寒い」までの空調が効かせてあります。古い建物ですとセントラル空調でどんなに寒くても調整できず自分たちが上着を着て調節することになります。この冷たい空気で冷やすという行為、実は冷蔵庫と一緒なんですね。冷蔵庫にラップをかけずにごはんなんかを入れておくと短時間でパリンパリンになりますが、ああいう事が肌に起こるわけです。

スチーマーはこの2種類の乾燥に対してとてもよく効きます。上記の環境にいた日は家に帰り化粧を落としてからすぐスチーマーをします。大体は30mlぐらいで3-4分ですが、日によっては1度行っても「まだまだ水分が足らない!」的にツッパリを感じるため2回行う事もあります。

スチーマー愛用者ですが、最近では「マッサージをしながら水分補給したい」「細かい部位にもケアしたい」となりこういうハンディー美顔器に夢中でスチーマーと併用しています。

spec_01

詳しくは日立さんのHPで 画像もこちらから拝借しました

機能は4つ。クレンジング、水分導入、パック浸透、冷却というなかで私は水分導入と冷却を集中して使っています。20代であればプログラム通りの45秒*4=3分のトリートメント1回で十分かもしれませんが、40代ですので水分導入を両目で3分、口周りとおでこで3分、両頬で3分、とかなりたっぷり目に使っています。冷却は1回だけですね。

これをスチーマーに追加したことで肌の調子は格段に良くなりました。40代にしてトラブルゼロを実現、自分で言うのも驚くぐらいつるつるのもちもちになりました。

もう今更手入れしても仕方ない、誰も見てくれる人がいない、など40代になると外見維持の手を抜きがちですが、40代でもやればやっただけの結果は確実についてきます。若く見えると若作りは違いますし、若くても手入れの悪い人は歳を取っているように見えます。年齢を重ねても失くしたくない「若々しさ」を維持したいですね。

 

 

 

 

-未分類