越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段

FB:タイ語広告内容の改訂

AHCのお求めはこちらから

タイ語は長文表記に向かない言語

これ、知りつつもつい書いてしまうのよね。

日本語は漢字カタカナひらがな、句読点等での適宜まとめ、など私が言うまでもなく長文の表記や読み込みに向いている言語ですが、

タイ語表記は単調で日本語とは特徴の違う言語。

これはついつい忘れてしまいます。また、日本語からしたら詳細な説明を省いて短くしたつもりでもまだまだ長い。

そして適宜改行して文字だらけにならないようにする。スマホで見たときに最長でも1.5行まで、必ず確認。

日本語から見ると短い文章で詳細な説明があまりできないのですが、AHCのような「使えばわかる」にはとにかく使ってもらうこと優先。

無料、を強調。タイ人の汗の悩み2大箇所を記載、使用量はちょっとだけでよい、数日間長持ち、「本当かと思うなら試してみて」、どこにでも使える、ヨーロッパと日本で売れている、メッセンジャーで連絡して

という内容を書いてスマホ閲覧時の外観を確認するとこんな感じです。

左はパソコンで作成した文章そのまま、右がスマホ閲覧時の表示サンプルです。

多いですか?を多い?としたり、スイスの製薬技術でーなど日本人が好む感じは削除、日本ならこんなブツブツ切れている文章は好まれないけども、相手は日本人じゃないし、彼らが好むように作らないとね。

しかしタイ企業のタイ語広告を見ても案外長文で書いてあったりする。

これには1.出稿するほうはいいたいこと全部書いている、ただし最後まで読む人はいない 2.全部読むレベルの製品や文字を読むことになれているタイ人に向かって出している の2つの可能性があると思われます。

AHCは生涯の資産になるなど大きな話ではないので、上記1-2は踏襲せず、3.いいたいことを全部書く4.読んでもらえるように短くする 5.さっと目を通すレベルでも何ができるかわかる 6.「申し込もう」と思えるようにする。なかなか高度ですね。

この辺りはもしかしなくても、タイ人やタイ語は関係なく、SNS広告で必要なことでしょうね。

AHCは皆様の汗とにおいのお悩みを解消します

当店ベストセラー:AHC Sensitive

汗とにおいが気になるあらゆる箇所に

本サイトのショップへジャンプします

AHC Forte

手の汗、足の汗と臭いに強力タイプ

本サイトのショップへジャンプします

Bromexはにおいのお悩みを解消します

Bromex Foamer 50ml

においの気になるあらゆる箇所に

本サイトのショップへジャンプします

 

Bromex Refill 150ml

お得な詰め替え用
注意:必ずフォーム状にして使用してください。フォーム状にしない場合は本来の効果が著しく低減します。

本サイトのショップへジャンプします

 

 

-SNSほか拡散手段