越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段

HP発注に積極的でないマーケットに対する対策

 

 

 

 

 

 

 

日本のマーケットとの違い

と言っても日本向けにネット販売をしたことがないので正確ではないかもしれませんが。一消費者として見ると、日本は「カスタマーサービスはSNS、注文はHPで、カード決済メイン系」という感じですね。

タイは銀行口座に紐づいたデビットカードの発行は多いですし、クレジットカードの発行も各社が推進していますので増えてはいるのでしょうけど、

お国柄代引き、銀行口座振り込みなどが好まれています。

ここ数日「なぜみんなHPで注文して来てSNSで振込済み画像を送って来る?」という疑問があり、理由をいろいろ推測したところ、

旧式の製品説明書を消費すべく使っているのですが、それがHPしか書いてなかった。でも旧式の説明書も残っているので使うしかない。

これでは不便だよな、、、なので対応必要。どうしたらいいのかしばらく唸ってました。

当初はFBやLINEのQRコードを中に入れると思っていましたが、

自分自身も封筒の中身は本体(AHCではサンプル)以外はあまり見ない、つい捨ててしまう可能性がある、という点を考慮し「どうしたらしばらく捨てずに保管しておくか?」を考え

「そうか、封筒にSNSのQRコード貼ればいいんだ」と至極単純な解決方法へ至りました。

タイはなぜか空の箱や空き瓶やらを残しておく習慣があります。コンピューターの箱、扇風機の箱、取っといてどうするんだと思うのですが、曰く「不用品となって売る時に箱があるといいから」だそうだ。

この習性を用いて、現状のやり方で住所表記を邪魔せず空きスペースに貼るものを作りました。こちら。

 

 

 

 

 

 

 

一件ずつ貼るのは多少の手間ですが、これで迷わず受注口へこれるのならお安い御用かと思います。

オンライン販売はHPでカード精算で、という固定概念がありますが、

ここはローカルルールに合わせたいところですね。

AHCのお求めはこちらから

-SNSほか拡散手段
-, , , , , , , , ,