越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

SNSほか拡散手段 越境ECでのSNS活用

フィリピン:事前に保管料のことを問うてみる

無料サンプル配布中

タイ/タイ以外の国にも郵送します。下記よりお申し込みください。

 

事前に問うてみる

フィリピンの郵便事情が芳しくないということはわかりました。だからどうするのか?というところを考えると、

利点
英語で対応できる=現地語不要なので特別な人材やそれに伴う人件費不要、
絶賛人口増加中の国、
FBを英語で使用している人たちはFB利用者の半数ほどであり、英語はわかるけど現地語のほうが容易という人たちはたぶん購入者にならない人たちなので英語で広告を出せばある程度のふるいかけが出来そうか、

などタイとは別事情かつアセアンのほかの国とも別事情。

ちなみに書いてみると、英語対応で問題ないのはマレーシアとシンガポールだろうけどもどちらも人口減少と少子高齢化に直面。
残りのベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、タイは現地語必須。
ブルネイは人口自体が少なすぎる。

こうやって見ると、アセアンの経済中心といわれているタイの次はやっぱりまずフィリピンかなあ、ということで。

やってみましょう。

ちょいマゾかもしれませんが、もう一度一日100円程度の広告を数日出稿、事前に「書留だと受取費がかかる、普通郵便なら不着の可能性もある、どっちがいいか?」と書いてみて、

どちらの希望が多いか、実験。こちらとしては普通郵便のほうが負担が少ないのでありがたいけども、サンプルが到着しなければ話にならないので痛し痒しではあるかな。

いずれにせよ、この1ヶ月広告活動について悩みの種になっていたタイ人に対して有効な手段は「投稿を広告」で対応すれば可、

Whatsappは広告マネージャーからでも問題なく選べる、と道が開けた気持ちです。

私としては広告マネージャーからのほうが慣れていて細かい設定も出来る、投稿からの出稿は慣れていないので戸惑うこともままありますが、

習うより慣れろ。人生すべてOJT。

という自分の仕事人生の集大成みたいな気持ちで取り組んでいきます。

 

 

 

 

 

AHCのお求めはこちらから

-SNSほか拡散手段, 越境ECでのSNS活用
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,