越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

いつまでも現場、というのから卒業しなければ

2017/02/23

私は添乗員業務が大好きです。今もテレビの撮影コーディネーター会社からタレントさんアテンドの仕事をぽちぽち声をかけてもらったりすると嬉しがって出て行っています。

好きなんですよね、誰かが費用を出してくれる前提でどこかに行って美味しいものを食べて楽しめる仕事が。世話焼きも嫌いじゃないので気になりません。早朝深夜拘束だって添乗員みたいに時差があるわけじゃないので「添乗員に比べたら楽勝」とか思ってしまいます。基準がおかしいのですが(笑)。

撮影コーディネート業は声をかけてもらっている側ですので気にせず参加ですが、自分の会社で受ける仕事については「いつまでも現場、というのから卒業しなければ」と思っています。会社経営者が自ら出て行くのが悪いのではなく、「経営者同士でないと話が進まない場」はもちろん出て行きますが、「自分じゃない誰かでもいい現場」というのには敢えて出ないようにしています。

フリーランスにお願いしたり他社に外注したり。そうしてお金を払い「お客さんになる」というのも大事かな、と思っています。

-未分類

WhatsApp chat