越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

仕事について思う事 若い時にやっておけばよかったけど

会社HP改修Day3

2日目までで用意した原稿をコピペする、いわゆる「流し込み作業」は終了。ここからは知らない領域に入って行きます。

昨日の質問事項に指導あってやってみた

ちょっと長くなりますが、自分記録も兼ねてるので書いて行きます。

見出しタグはこの個人ブログで使っているものと同じようなものを採用したのになぜか同じようにならない。

どうやらサポート終了したプラグインらしい。デザインは同じように出来るけど使い勝手が落ちたなあ、という印象。マアできたので良しとしよう。

メルマガ登録フォームを設定、現在のメルマガの状況と併せての今後の運営相談をしたい。

運営については「こうすると今の機材の範疇ではこうなることが予想される」的指導があり、「じゃあこうします」と方向が決められました。素人が一番困るのは「どっちでもいいですよ」もさることながら、「あなたはどうしたいのですか」と聞かれること。本人は「メルマガを出したい」しか分からないのに、「いや、出し方にもA、B、Cとあって」と言われてもわからんやん。

今回のエンジニアさんは「知識も機材も+資金的にも十分でない状態において」を前提に、現状を継続するとして、と指導してくれたのでよかったです。

お問い合わせボタンをトップページに設置は出来たが、クリックしたらどこに飛ぶのかが設定できていない。

この場合はお問い合わせページのURLを設定する、という単純なことを指導してもらいました。設置するとあっけなく飛ぶようになり、うむむ、幼稚園並の質問だったわ、、とちょっと反省。

お問い合わせフォームプラグインを入れたがどうやって作るのか分からない。

これは2つほど例を作ってスクリーンショットもつけて指導してもらいました。

ググりながら自分で「お申し込みフォームページA」に直接コードを書くのか、そしてそのコードとやらはどうしたらいいのか?という状態でしたが、指導によりフォームプラグインの画面Bに行くとぽちっとなでコード設定可。お申し込みフォームページAにはそのBで生成されたコードをコピペすればOK、とわかった。なるほどー。知らないと、こういうところで堂々巡りの果てにギブアップしそう。

コピペが出来るような表で一覧を作りたい

これはプラグインを紹介してもらい作ってみた。ちょっと違うけれどもエクセルの票を作るのとそうも変わらない。しかもデータ輸入出来るとかですごく簡単にできた。

 

FBの窓設定、IDを取得して貼ってみたけど出てこない。

関係ないところに貼っていたらしい。ウエッジドというところでやったら出てきた。

実績一覧を作りたい。現HPからデータをそのまま引っ越しできるのか。

これもA-->B-->Cという流れで行けば可、と言う指導をもらったのでそのまま実行。実績は一からコピペも覚悟していたけど、あっさり終了。ただし画像は引っ越し出来ないみたい。

HP内で違うページに行くリンクを付けたいが意図した表記にならない。

そもそもHP内違うページを標記させる方法が違ってましたー。これも指導下で変更。できました。

ページタイトルが現在左寄り、中央寄せしたい。

これは難しいので、とエンジニアさん対応。CSSを触るとかで、ちょっと勉強しなければいけないところです。

これ以降はどうしたいのかまず意見を出すように

誰の発言なのかの明確化とデザイン性を考え、囲みや色などを付けたい。

同業他社を見てみると、それほど凝ったデザインがない、という展開に。うーん、マア、適当に、、

情報の羅列になっているページの見易さとデザイン性を向上させたい。

テーマに備わっている既存機能をカスタマイズしたい。

本体が結構長いが、左コラムが短すぎる気がする。バランスを取るとしてなにか掲載したほうがいいことはあるか。

固定ページと投稿ページはどのように使い分けるのか。

 

とのことで、絶賛相談中。

素人らしい質問が山のように

たぶん自分が部下に聞かれたら「ググれよ~」と言いそうな質問ばかりしてますね。素人ってそんなもんです。教える方が作るよりも手間かかるってのはそこでしょうね。もう気軽に何でもすぐ電話します、とか言ってたので「仕方ないなー」と思いながらも、細かく指導してくれるエンジニアさんに感謝です。

今日の疑問点

お問い合わせフォームを送ったら、
1. 着信アドレスには何の情報もない状態で届いた。
2. 発信者アドレスには何の返事もなかった。
3. 送った後「お問い合わせありがとうございました」メッセージ出したい。
4. スマホ画面にした場合のトップ画像について

 

 

 

 

 

-仕事について思う事, 若い時にやっておけばよかったけど