越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

現地に迷惑をかける

2017/02/23

とある仕事熱心なグループと一緒にお仕事をしていた時、熱心のあまり車道に出て交通を停めたり、現地事情をご存じでないが故の様々なリクエストをしてこられたり、自分が通るに邪魔な人に向かって日本語でいろいろおっしゃったりしておられました。

所詮タイだし、どうせ日本語わかんないだろうからいいや、そんなことをおっしゃっておられましたが聞く私はあまり快くなかったですね。日本の会社、日本からいらっしゃる方々によって現地起業会社は支えてもらっていることは重々承知していますが、私も含めこちらに住んでいる人はほとんど「タイに住まわせてもらっている」という感覚があり、所詮呼ばわりされたり住んでいる人の活動に支障が出たりする行動はタイ人本人以上に納得がいきません。

また、確かに日本語はわからなくとも、人間は不思議なもので言葉以上に発言の仕方や態度でどんなことを言っているのか察しがつくものです。

タイだから緩いところもある、タイだから優しくいなしてくれるところもある。住んでいる私たちはそういうのが好きで、そういうのに助けられて、タイが好きで住んでいるのは事実です。
でもタイは不思議なところで、所詮呼ばわりをするとなぜかその後ご縁がなくなってしまう国でもあります。そういう人たちに対しては見えない力が排斥するようなところがあるように思います。タイは緩く優しいのですが、無礼に対しては厳しいのです。

このグループに次タイに来るチャンスがあるかどうか分かりませんが、タイのみならず、世界中どこへ行っても日本以上に便利できれいで計画通りでサービスのいい国はないのですから、所詮やどうせという言葉は慎みたいものです。

-未分類

WhatsApp chat