越境EC現地代理店活動日記

タイ・バンコクを拠点とし、世界各国向けECサイトを運営

未分類

肉体的に疲れた時は

2017/02/23

普段は朝食べず、昼は普通に一食食べて、夜は16:30ぐらいに通常の一食の半分ぐらいの量を食べています。週に3回程度18:30より30分の有酸素運動、2時間の筋トレをしています。

普段から小食を心掛け運動をしていても早朝深夜の実働ワークがあると非常に疲れ年齢に伴う体力の衰えを実感します。

そのワークが終わったらまずするのが夜遅くでもごはんを食べること。通常そういうワークの時は非常に忙しく昼なしまたは夜なし、最悪のケースでは双方なし、なんてことがあります。これは年齢を問わず非常に体力を削ることになります。なので終了後はまず食事です。この日ばかりは体重管理も気にせず和定食などでビールを開けてささやかに一人乾杯で無事終了をお祝いします。

そして甘いもの。こういうワークの場合はお客さんが先方に渡しそびれたお土産や予備で持ってきたお菓子などを置き土産にしてくれるのでわわーっといくつか食べます。夜なのにドリップコーヒーなどでゆっくり食べ忙しかったけど事故怪我病気なく無事終わったことを感謝しながらいただきます。

そして寝る。横になったら1、2と数え切らないうちに寝てしまいます。次の日起きなくていい安心感で寝れます。次の日はあと4時間で起きる、なんて時のほうが逆に緊張して寝付けない時もあります。

次の日は朝また食べます。お菓子やおにぎりなどですが、通常朝は何も食べなくても大丈夫なのに疲労回復のためのインプット要求があるのだなあ、と実感します。

そして数日おろそかにしていた肌の手入れを再開します。スチーマーは忙しい中でも何とかやってますが、マッサージや接触型導入機類はスケジュールに余裕のない時は中々出来ません。ソファーに座って手入れしていると砂漠に水を撒くかのように凄い勢いで水分が吸収されていくのが分かります。そして1回では足らないもよくあり、これだけで大体30分ほどかかります。

髪も数日洗う以外の手入れがしてない事が多いのでスチーマーで水分補給。最近は頭皮にスチームが当たるようにし髪を根本から美しく保つことを心掛けています。その後頭皮ローションを垂らしてからマッサージャーを使って頭皮マッサージ。これがまた気持ちよくてメーカーさんとしては一日一回使用となっているのに3回も4回も施してしまいます。

都合にもよりますが通常マッサージも行きます。マッサージ店は特にお気に入りはなく「家から近いところ」など適当な基準です。大体は全体マッサージ2時間に肩背中腰1時間をつけます。特定箇所にマッサージが必要とはその箇所が弱いということかなあ、と思いながらマッサージしてもらいます。そしてこの日も夜は食べてぱたっと寝ます。

この行程、もはや儀式ですが、こうすると次の日しゃきーんといつもの時間にきちんと目が覚め朝の体操にも前向きになります。多忙なワーク終了より2日間はインプットや癒しとしまた食事節制や(制限ではない)運動の日々です。

年齢を重ねるからこそ若い時よりも回復に時間もかかりますし、自分にも丁寧に接しないと自分はどんどん汚くなるばかり。40代50代になっても誰からも身綺麗で光っているようなオーラがでてますねと言われたいですね。

-未分類